『住吉大社と三十六歌仙額』

                     豊臣秀頼奉納   狩野祖酋、狩野内膳筆

 

                             慶長11(1606)住吉大社の遷宮にあたり、秀頼が御家安泰を祈願して奉納。

                  狩野祖酋・狩野内膳筆の全国唯一の三十六歌仙額。

和歌選者・中院通勝とその周辺公家衆の可能性をさぐる。

                 四本宮に同時期に奉納された額の裏面史を明らかにする。

古代からの住吉大社の悠久の歴史を紐解く、斬新で画期的な視点。

 

 

 

                    和歌と画像の解説つき  

住吉開きカラー.JPG                         

                          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『住吉大社と三十六歌仙額』の概要

静学堂L11_NAM.gif

                             目 次

序                住吉大社宮司  真弓常忠     

凡例

三十六歌仙額         (カラー口絵38点・モノクロ口絵35点・解説つき)

はしがき

住吉大社の文学的風土              内藤 磐

住吉大社の三十六歌仙額             内藤典子

                    住吉大社三十六歌仙額の所在一覧表・関係人物生没年表

住吉大社と神功皇后伝承             内藤美奈

                   ─三十六歌仙額奉納の背景として─

住吉大社における神衹と仏            内藤 亮

                   ─三十六歌仙額への軌跡─ 

あとがき

住吉大社と三十六歌仙額の関連年表

静学堂L11_NAM.gif 

 

 

 

 

 

神功皇后・美奈.JPG住吉瓦のみ.JPG      歴史・考古学から                            民俗学から

                      

 

 

 

 

 

 

 

 

津守廃寺と関連遺跡の軒丸瓦                                          記紀に見られる神功皇后伝承と住吉三神

       遣唐使が再開された8世紀初めの瓦で、津守寺の               神功皇后の巫女的性格と出産の背景から、

            創建が分かる。                                                   他界観を考察する。

写真は住吉大社第四本宮(祭神・神功皇后) 

 

 

 

 

 

 

 

 

   平城京系6291 B 軒丸瓦の分布                       神功皇后伝承と豊玉姫伝承

瓦1.JPG                                  住吉大社版組.JPG

 

 

(写真は対馬の鰐浦・本宮神社

    住吉大社の最古の式年遷宮の時期と、                     対馬の産神・海神信仰から、神功皇后・ 

津守寺の補修の時期が分かる。                          豊玉姫伝承と住吉信仰の関わりを考察する。

  

                                                                                                                          

 

 

 

 

                         豊臣秀吉朱印状(文禄3年・1594住吉大社所蔵) 

豊臣秀吉朱印状.JPG
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


                                         太閤検地が行われた年に住吉大社に出された書状。    

            

 

 

 

 

 

 

芸大住吉絵所證文.JPG     美術史から  住吉大神社絵所證文(東京芸術大学付属図書館所蔵)  初公開

                                                                                                            

 

 

江戸時代の「住吉派」の再興に直接かかわる

「寛文3年」が書かれている点に注目したい。

 従来は、「後西天皇の勅命により云々」とされ

ていた寛文2年ではなく、後西天皇の勅命でも

ない。

「住吉大神社」の神主・津守国治

「法橋如慶老内記」(住吉如慶・すみよしじょけい)

にあてて書いた證文となっている。

現在も「住吉大社絵所預」は存在し扇子・団扇

掛物など等を制作している。              

 

 

 

       

 

 

「住吉家伝来記録類」より

      

      

 

 

 

                    表紙        ご推薦・ご協力など          目次