ご推薦

静学堂バー短縮.jpg

 

福田 克比古 (大生郷天満宮宮司・「御挨拶」より抜粋)

当宮が所蔵する宝物に「三十六歌仙絵額」があります。この歌仙絵額について、今まで調査研究がなされておりませんでした。(略)日本各地に、道真公を祀る神社が一万余社ある中でご遺骨を祀り、遺族によって創始されたのは当宮のみであり、すでに江戸時代には、日本三天神の一社とされ、広く関東一円の多くの信仰を集めていたと云われています。天正四年(1576)下妻城主多賀谷氏と小田原城主北条氏との戦により、当宮は炎上し、社殿・廻廊など全ての建築物を焼失し、更に貴重な宝物・文書等を失いました。その後、多賀谷氏によって再建され、その遷宮の際、甲冑・絵画等が献納されたと云われています。その中の一つが「三十六歌仙絵額」で、多賀谷氏の愛蔵品であったと伝えられてきました。この歌仙絵額について、それ以外のことは全く不明でありました。

但し、この歌仙絵額には一面毎に落款が有り、・・・(略)調査研究に御協力を戴きました多くの方々に感謝申上げ、ご挨拶と致します。

 

安村 敏信 (板橋区立美術館館長)

また一歩、三十六歌仙扁額研究が大きく進みましたことをお喜び申上げますと共に、ご努力に敬服いたします。

 

 

 

ご協力

静学堂バー短縮.jpg

 

大生郷天満宮、茨城県教育庁文化課、大宝八幡宮、多宝院(下妻市)、檜山多宝院、つくば市生涯教育課、旧水海道市、小倉山二尊院、寛永寺・春松院(東京・上野)、高野山金剛峰寺、高野山文化財保存会、長南町郷土資料館、長南町中央公民館、全国長南会、桂北山一向寺、桜川市歴史民俗資料館、新城市、貞昌院、大悲山笠森寺、津市図書館、長篠山医王寺、坂東市、坂東市猿島資料館・図書館、養玉院如来寺、正覚山安楽寺(常総市)、国立国文学研究資料館、徳川黎明会、徳川美術館、多賀大社、宗像大社、北野天満宮、太宰府天満宮、大庵寺(佐野市)、洛東遺芳館、秋田県公文書館、能代市、長寿寺(滋賀県)、羽村市郷土博物館、金刀比羅宮、筑波山神社、東京国立博物館、京都国立博物館、彦根城博物館、大法寺、早稲田大学など         (順不同・敬称略)

 

 

 

ご購読

 静学堂バー短縮.jpg

 

国会図書館、静岡県立図書館、関西大学、関西学院大学、山梨県立図書館、東京都立中央図書館、八王子市立図書館、早稲田大学、千葉県立図書館、東京造形大学、スミソニアン博物館・フリーア美術館(米国)、米国議会図書館、ニューヨーク公立図書館、コロンビア大学、国文学研究資料館、出光美術館、三井記念美術館、慶応義塾大学図書館、岡山県立図書館、国際基督教大学図書館、ベルリン大学など。

 

 

 

                                                     表紙           目次